テレビのような家電は正しく手放そう!買取業者に任せるのもアリ

トラックの模型

テレビの正しい廃棄処分方法

テレビは粗大ごみとして破棄できないと法律で定められており、家電リサイクル法に沿って処分せねばなりません。一般的には、リサイクル量と運搬費がかかります。テレビの正しい処分方法の1つ目は新しいテレビを購入する電気屋さんに引き取ってもらう方法、2つ目は買取業者に引き取ってもらう方法、3つ目は指定の取引所に持ち込む方法です。

不用品回収業者とリサイクルショップの違いを知ろう

不用品回収業者はほとんどなんでも引き取ってくれる

不用品回収業者は、粗大ごみとして扱われるものや家電、洋服など、ほとんどなんでも引き取ってくれます。回収してもらうには費用が掛かりますが、品質の良い品や家電など、リサイクルできる品は買取ってもらえることもあります。

リサイクルショップは店舗により買取商品が異なる

リサイクルショップは、買取ったものをお店で販売するシステムであるため、お店で取り扱っている商品や状態の良い品でないと買取ってもらえません。廃棄処分はしてくれないので、買取されなかった品物は持ち帰らなければなりません。

家電の処分は買取業者に依頼

家電製品は買取ってもらえる場合が多いので、まずは買取業者に依頼するのがおすすめです。電話やネット経由で簡単に依頼でき、処分したい品を伝えると無料で見積もりも出してくれます。いくつかの業者に依頼し、条件の良いところにお願いするのが良いでしょう。

買取依頼をする際の注意点

不用品

認可のある業者であるのか確認する

業者の中には、認可を得ていないもぐりの業者もあります。認可を持たない業者は、正しい方法で処分せず不法投棄などをする可能性もあるので、認可を得ているのか確認してから依頼するようにしましょう。業者が所持しているべき認可は、廃棄物収集運搬業や一般廃棄物収集運搬です。

安すぎる料金には要注意

料金が他の不用品回収業者と比較して半額以下という破格の料金設定になっている場合は、無許可営業の疑いがあるので注意する方が良いでしょう。安すぎる料金の業者に依頼して不法投棄が発覚した場合、不法投棄の罪が利用者に問われることもあります。料金の安さで決めるのはよくありません。

見積もりはデータで出してもらう

不用品買取業者の中には、口頭だけで見積もりを出してくるところもありますが、後日金銭トラブルにならないように必ずデータで出してもらうようにしましょう。データでの見積もりをもらったら細かくチェックして、不明な費用が記載されている場合はクリアにしておくのが賢明です。

回収した商品がどのように扱われているか

悪徳業者と呼ばれる不用品買取業者は、回収した商品を不法投棄することもあります。回収した商品はどのように扱っているのか、きちんと説明してくれる業者は安心して利用できます。あやふやにする業者は、避けたほうが良いでしょう。きちんと処分されたかどうかは、リサイクル券の番号で検索して調べることができます。

広告募集中